【カメハメハ倶楽部】カリフォルニア不動産購入ガイド更新のお知らせ

幻冬舎総合財産コンサルティング運営の無料会員組織「カメハメハ倶楽部」では、海外不動産コンテンツ「カリフォルニア不動産購入ガイド」を更新いたしましたので、お知らせいたします。

下記に新着コンテンツの一部をご紹介します。
——————————————————————–
カリフォルニア不動産を購入するにあたって、まず押さえておきたいのが日本と米国の不動産制度の違いです。具体的には、下記のような点が挙げられます。

①物件タイプごとの特性及び保有費用
②不動産登記制度
③MLSという物件情報システム
④固定資産税制度
⑤購入手続きの流れ(エスクロー、インスペクション等)

以上は本当に大項目ですが、これだけ見ても日本とはかなり異なることが分かると思います。
例えば、③のMLS(エム・エル・エス)は、Multiple Listing Service(マルチプル・リスティング・サービス)の略称で、米国不動産の売買状況、過去の取引履歴等が記載されている不動産データベースのこと。・・・
——————————————————————–

続きをお読みになりたい方は、カメハメハ倶楽部ホームページの当該記事をご覧ください。

※カメハメハ倶楽部では、ホームページでの情報提供のほか、メールマガジンにて会員限定の情報サービス(カリフォルニアの優良物件速報など)も行っております。登録・会費ともにすべて無料ですので、この機会にご登録ください。カメハメハ倶楽部へのご登録は公式ホームページからどうぞ。

<関連サイト>海外不動産の広場(カメハメハ倶楽部WEBサイト内)
http://kamehameha.jp/kaigaifudosan/

カテゴリー: ニュースリリース&お知らせ タグ: パーマリンク