【カメハメハ倶楽部】コラム『相続税大国・日本で資産は残せるのか?』追加のお知らせ

幻冬舎総合財産コンサルティング運営の無料会員組織「カメハメハ倶楽部」では、相続コラム「相続税大国・日本で資産は残せるのか?」を追加いたしましたので、お知らせいたします。

下記に新着コンテンツの一部をご紹介します。
——————————————————————–
日本の相続税の歴史を振り返ると、それは明治時代まで遡ります。その当時は日露戦争下、約20億円にも及ぶといわれる戦費を要し、その資金を調達するための非常特別税として明治38年4月に施行されたのが始まりです。

その後、太平洋戦争終結後のシャウプ勧告を受けて昭和25年に改正され、昭和33年改正を経て現在の税体系に至っており、当初の臨時的な特別税が財政難もあり恒久税化されています。

一般的に、相続税(贈与税も同様であるが)は・・・・・・
——————————————————————–

全文をお読みになりたい方は、カメハメハ倶楽部ホームページの当該記事をご覧ください。

※カメハメハ倶楽部では、ホームページでの情報提供のほか、メールマガジンにて会員限定の情報サービス(カリフォルニアの優良物件速報など)も行っております。登録・会費ともにすべて無料ですので、この機会にご登録ください。カメハメハ倶楽部へのご登録は公式ホームページからどうぞ。

カテゴリー: ニュースリリース&お知らせ タグ: パーマリンク