お昼休みの決算書講座③~損益計算書を見てみよう

お昼休みの決算書講座

 

第三回「損益計算書を見てみよう」

今日は損益計算書を見てみましょう。損益計算書は一定期間の経営成績を示します。一定期間ですので×年4月1日~×年3月31日まで、というように表示されます。貸借対照表が一定時点のストック情報(企業に今あるもの)であるのに対して、損益計算書は会計期間におけるフロー情報(企業活動の成果と努力)を提供します。

損益計算書は、“営業損益計算”、“経常損益計算”、“純損益計算”に区分されます。このような区分を設ける理由は、企業がどのような活動で利益(または損失)を獲得したかを理解できるようにするためです。

まず、営業損益計算から見てみましょう。損益計算書の最上部に位置する営業損益計算は「売上高」から始まります。これは企業の本業から得られる収入を意味します。この売上高に対応する費用が「売上原価」です。製造業の場合には製品を作るのに要した費用が「売上原価」になります。「売上原価」にはあくまでも「売上高」に対応する原価のみ計上されますので、例えば仕入はしたけれども売れ残っている商品(在庫)は「売上原価」には含まれません。
「売上高」から「売上原価」を差し引くと「売上総利益」となります。これは俗に言う「粗利益」です。ここから販売活動や一般管理に要する費用すなわち「販売費および一般管理費」を差し引くことで「営業利益」を算出します。これが企業の直接の活動による損益となります。

つぎに経常損益計算を見てみましょう。企業がお金を借りた場合には利息を支払います。また有価証券に投資した場合には利息や配当金を受取ります。海外取引を行っている場合には為替差損益が発生します。このような収益や費用は直接的な事業活動とは区分して「営業外収益」・「営業外費用」とします。「営業利益」に「営業外収益・費用」を加減算することにより「経常利益」が算出されます。「経常利益」は一般的に企業の正常な収益力を示す指標として重要視されています。

最後に純損益計算を見てみましょう。企業には災害による損失や投資有価証券売却損益のように通常の企業活動には関係なく突発的に発生する収益や費用・損失があります。これらは通常の企業活動の成果とは区別して「特別利益」または「特別損失」として計上します。「経常利益」から「特別利益または損失」を加減算して「税引前当期純利益」を算出します。ここから法人税等を差し引くと「当期純利益」が求められます。

★損益計算書は「成果」と「努力」の集大成!
企業活動における収益と費用は言い換えると「成果」と「努力」と言うことができます。この「成果」と「努力」の比較が大切です。上記のように損益計算書は区分表示されますが、特に「営業損益計算」や「経常損益計算」では企業の正常な収益力が示されますので、どのような「成果」がどのような「努力」のもとに発生したか、「成果」に対する「努力」は妥当なものであったかを判断することが出来ます。できるだけ「成果」は大きく、「努力」は小さくしたいものですが、そう簡単にはいかないのが現実です。

この記事はお役に立ちましたか? 弊社が運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、カメハメハ倶楽部ホームページからどうぞ。

カテゴリー: 会計関連情報 タグ: パーマリンク