【カメハメハ倶楽部】税金対策コラム『定率法が使えれば、より早く多額の費用が経費に』追加のお知らせ

幻冬舎総合財産コンサルティング運営の無料会員組織「カメハメハ倶楽部」では、立読み/減価償却コラム『定率法が使えれば、より早く多額の費用が経費に』を追加いたしましたので、お知らせいたします。

下記に新着コンテンツの一部をご紹介します。
—————————————————————————–
減価償却とは、減価償却資産の取得に要した金額を一定の方法によって各課税期間の経費、損金として配分していく手続なのだということは先に述べたとおりです。しかし取得金額の配分方法は、単純に耐用年数で等分していくだけではありません。
減価償却費の分配方法には、「定額法」と「定率法」があります。

【定額法】 定額法とは、要するに課税期間中、毎年同じ金額を経費計上するやり方です。・・・・
—————————————————————————–

本文をお読みになりたい方は、カメハメハ倶楽部ホームページの当該記事をご覧ください。

※カメハメハ倶楽部では、ホームページでの情報提供のほか、メールマガジンにて会員限定の情報サービスも行っております。登録・会費ともにすべて無料ですので、この機会にご登録ください。カメハメハ倶楽部へのご登録は公式ホームページからどうぞ。

カテゴリー: ニュースリリース&お知らせ タグ: パーマリンク