【情報配信】財務省「サモア独立国との情報交換を主体とした租税協定について基本合意」を公表

財務省「サモア独立国との情報交換を主体とした租税協定について基本合意」を公表

平成24年9月4日(火)、財務省ホームページで「サモア独立国との情報交換を主体とした租税協定について基本合意に至りました」が公表されました。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/press_release/240904ws.htm

サモア独立国政府との間で基本合意に至った、租税に関する情報交換のための協定は、両税務当局間における、国際標準に基づく実効的な情報交換について規定するものであり、一連の国際会議等で重要性が確認されている国際的な脱税及び租税回避行為の防止に資することとなる、とのことです。

※同日、外務省ホームページでも、「サモア独立国政府との租税に関する情報交換を目的とした協定の基本合意」が公表されました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/24/9/0904_02.html

南太平洋に位置し、面積は東京都の約1.3倍で、もしかするとあまりなじみのない国かもしれませんが、ラグビーの世界では有名な国です。15年ほど前に国名を「西サモア」から現在の「サモア独立国」に変更しています。

ご興味のある方は、歴史も含め、一度調べてみてはいかがでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか? 弊社が運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、カメハメハ倶楽部ホームページからどうぞ。

カテゴリー: 税務関連情報 タグ: パーマリンク